2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
スポンサーサイト
-------- --
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月は8月に続いてボロボロ、勝数は1、+25pipsなり~。

そしてマイナスは・・損益率マイナス10%くらい?

う~ん。マイリマシタ。。

だがしかし!来月からは逆転の発想で損益も逆転を狙います!!

それはどういうことかというと・・・

ALL フルレバレッジトレード

これで一発逆転を狙うのです!!!


うそです。一発は狙いません。

ここのところ、今までの成功&失敗トレードを再検証し続けていましたが、気がついたことがあります。
それが、「守り過ぎて逆にスキをつくる」ことをしているのではないか?
という心理面の問題です。

私はすべてのトレードにおいて、仮想損切り値幅から枚数を決定し、損切りの際のコストを一定に保つようにしてきました。
ところが、どういうわけかレバレッジが高いトレードの方が勝率が格段に良いのですよ!
100%に近いくらい。
しかも損切りになった際の損失額も微小ときたものです。

で、レバレッジを低めにしてストップを遠くに設定するようなトレードの勝率は0%に近いくらい・・

ここまでハッキリ結果がでているのですよ・・
つまり、レバレッジを高めに出来るほど引き付けて、絶対の自信で挑むトレードは確度がかなり高いということです。

安全にコツコツと。
こう心がけてきましたが、なんだかコツコツ損失と労力を消費しているような気がしてきました。
心理的には「リスク管理を徹底しているのだから」との思い込みにより、かえって甘くなっていたのかもしれません。
よっぽどの機会じゃないと、フルレバではエントリーしませんからね。
その時はそれだけ気が引き締まっているわけです。
だからすべてのトレードをフルレバにすることによって、見切りの甘いエントリーを排除できると判断しました。

心理が及ぼす影響は他にもありまして、枚数を減らしてストップを遠くにし、期待利益も小さいトレードを数度失敗すると、次に来る本当のチャンスで臆病になって見送ってしまう傾向も事実としてあるのです。
見送ったチャンスはフルレバ可能なのですが、直近のトレードでの失敗のためフルレバではエントリーする気力が湧かなくなってしまっていたり、そもそもエントリーする勇気もなくなったりしていたようです。

本来、トレードに感情を持ち込むことは厳禁で、自分のシステム上「エントリー」と判断できるところではすべてエントリーしなければならないのですが、そうもいかないところがトレードの難しいといわれるゆえんだと思います。

私はマネパを使っているので、ドル円のフルレバは40倍ほど?
これからはすべてのトレードをフルレバレッジで行います。

これで自分にプレッシャーをかけます。
数字的にも無駄なロスを減らし、かつ利益率も飛躍的に向上できる計算になります。
ちなみに今までの全トレードから高レバ以外のものを除外し、すべてをフルレバにしたとすると、信じられないようなリターンが得られている・・
それにフルレバ時の損切り平均は-1~3%に収まっています。
う~ん。

計算上では夢のような結果になるのですが、果たして現実ではどうでしょう?
来週からの快進撃はあるのか?
乞うご期待!
スポンサーサイト
Comment

コメント非表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。