FC2ブログ
ドル円 114.60円(ロング)→115.15円(利益確定)

下落の可能性があるなら決済してしまえ。
ということで、デイトレになりました。

FOMCの結果でブレが生じるかもしれないので、再度買い指値をしておきます。
想定上値115.35円として半値戻しくらいかなぁ。


今日の曲は前々回の日記にあります。
スポンサーサイト



ドル円ロング。
2007-10-31 Wed
18:19
ドル円 114.60円(ロング)が指値に刺さっていました。
115.35円あたりで一旦決済したいと思っています。

もしかするとその前に114.45円までの一押しがあるかもしれません。
FOMCもあるし、買い増しは控えます。
豪ドル円、決済。
2007-10-31 Wed
11:22
なんとなく不穏なものを感じたので、豪ドル円の全ポジションを閉じました。

豪ドル円 102.85円(ロング)→105.77円(利益確定)
豪ドル円 103.50円(ロング)→105.77円(利益確定)
豪ドル円 105.92円(ロング)→105.77円(損切り)

先週初の資金が2倍強に増えたので一応良しとします。
もう少し上値を追えると思ったのですが・・
これで数ヶ月ぶりの連勝。ラッキー♪

ここからはドル円をロングでいきます。
いまのところは様子見です。


今日の曲は、ロイヤル・ハント「Flight」
http://www.youtube.com/watch?v=euzzvOGyUhc

虹を越えるまで羽ばたきたい。
特に何もなし。
2007-10-30 Tue
21:07
今のところ特筆することは何もなし。

ドル円115円上抜け買い増しを114.90円上抜けに修正して見守るのみです。
時間軸から考えると、上放れは明日の早い段階か、あさってか。

FOMCは気にはなりますが、それによって大局が変わるとは思えないので投資判断からは除外しています。


今日は「セーラー服と機関銃」を3バージョンで。
ラジオから聞こえてきて、ビビビッときました。(笑)

長澤まさみバージョン
http://www.youtube.com/watch?v=DGFS8jYjzWk
薬師丸ひろ子バージョン
http://www.youtube.com/watch?v=dlyg_fnfMFg
福山雅治バージョン
http://www.youtube.com/watch?v=eaLY_QMyTz0

時には大きな決断を。
買い増し。
2007-10-29 Mon
22:38
豪ドル円を105.92円で買い増ししました。
そのポジションは、

含み損~。

私が買うと必ずマイナスになるので、もう慣れっこです。
次はドル円が115円を超えてきたら買い増しです。

決済はドル円116.25~40円あたりで行う予定です。
不測の事態が起これば即決済します。


今日は前回に引き続き、エアロスミスの「I don't want to miss a thing」
http://www.youtube.com/watch?v=iEK22iup4Zg

映画「アルマゲドン」のテーマ曲。
ボーカルのスティーブン・タイラーと、ブルース・ウィルスの娘役リヴ・タイラーは父娘。
それをアタマに入れて映像を観ると、ラスト付近が面白いです。

悔いの無い人生を。
ジム・ロジャース。
2007-10-26 Fri
18:28
マネパからのメール、ジム・ロジャースが円を買っているというレポートが届きました。

彼がドル売り円買いを始めたことは、半年ほど前に話題になりました。
たしかこのブログにも書いたような気がしますが、すっかり忘れていました。

ジム・ロジャースは大局を見誤ったことがないそうで。
どうなんでしょうね~。
私は今のところニュートラルに考えています。
どっちに転ぶかはなんとも・・

多くのディーラーさんや機関投資家の方々は結構な円高を予想しているみたいですね。
ユーロ円130円、ポンド円200円、ドル円100円ってところかな?
ユーロドルやポンドドルが高値を追い続けているのに、対円で都合よく下がるか疑問です。
為替って絶妙なバランスで成り立っているのだな~と感心しますね。


ドル円のアタマが重いのだけれど、フライングして豪ドル円を103.50円で買い増ししちゃいました。
ほんのちょびっと。

ドル円が114.60円を抜けてきたら、本格的にピラミッディングを始めます。


今日はエアロスミスの「Walk This Way」
http://www.youtube.com/watch?v=srPKqAt1UQI

自分の道を、歩いてゆこう。
今度は豪ドル。
2007-10-25 Thu
11:24
ドル円の2波目がようやく完了したようなので、豪ドル円をロング。
上昇率に期待しての判断です。
豪ドル円 102.85円(ロング)

ドル円が114.60円を超えてきたら買い増しを考えます。


今日の一曲。
http://www.youtube.com/watch?v=6oKnLpEo9mI

インペリテリ「Warrior(戦士)」

FXは自分との戦いです!
この曲を聴いていると、闘志が湧き立ちます。

闘え!!


以前、FXはただのマネーゲームで何も産み出さない、とコメントを頂きました。

しかし、私はそうは考えていません。
目に見えないので何も産み出していないように思えますが、実際は世界金融市場を形作っています。
投機マネーが世界経済を支えているのです。

もしも投機マネーがこの世から消えたら?

恐ろしいですよね。
もしそのようなことになったら自由経済の終焉です。
投機マネーが滞れば世界恐慌を招きます。

私たちが平穏に暮らしていられるのも、潤滑にお金が市場を巡っているからです。
投資・投機といった目に見えないお金のやりとり、マネーゲームも実はものづくりといった仕事同様に崇高なものだと思っています。

自虐的に認識している投資(機)家の方も結構いるようですが、私の場合はプラスに捉えています。
ロバート・キヨサキさんなんかはキャピタルゲインを悪、とまでは言ってませんが、否定していますしね。
そろそろ3波目。
2007-10-24 Wed
19:12
ドル円がそろそろ3波目に入りそうです。

ここからはガンガン買って行きたいと思います。
おそらく2円強の上昇があるだろうと考えています。


昨日に引き続き、大好きな一曲。
http://www.youtube.com/watch?v=ogeV4mpx0Lo

色んな場面で聞こえてくるこの曲。
クランベリーズの「Dreams」です。

昨日はエルビス・コステロ「She」をご紹介しました。
システムの追加と削除。
2007-10-23 Tue
17:07
どこかで読んだ気がするのですが、システムトレードをスタートさせたら、運用期間中はそのシステムに追加や削除はしてはいけない、というのがありました。

ものすごーく「そのとおり!」と思います。
でもね、相場と相対していると、ついつい「追加」したくなるのですよ。
研究をすればするほど新しいアイデアが浮かんできますから。

しかしそれをすると、システムの部分部分がクラッシュしてパフォーマンスに悪影響を与えるのかもしれません。

だから「システムトレーダー」というのは成熟したトレーダーと言えるでしょう。
心・技・体と完成していなければ、一度造ったシステムを運行し続けるというのは困難だと思われます。

そういうところで、私の未熟さを痛感しているわけです。
今後新たなシステムを加える時は、しばらく相場を休み、客観的に検証し直してから運行した方がいいでしょうね。

できれば新たなシステムを加える時は、別口座で運行するのが無難なのでしょうが、私は不器用なので2つ以上の口座を管理するのは無理です。
長期と短期の口座に分けるのなら別ですけれど。

ここからは集中力でシステムを纏め上げなければならないと意気を上げております。


まだなんともいえませんが、ドル円はこのあたりでレンジになりそうです。

安値更新という下への突き抜けは無いものと思っています。
レンジ下限で買い、上昇について行きたいです。

前回高値118円くらいに届くかな? といったところか。
そこからの下落が今回の安値より上であれば、ついにドル円130円へ~☆
そんな感じで考えています。


大好きな曲の筆頭。
http://www.youtube.com/watch?v=NyS0QXsmk7o

映画「ノッティング・ヒルの恋人」で印象的でした。
ようやく反転?
2007-10-23 Tue
08:55
G7明けは大荒れ。

しかしようやく反転の兆し、に見えます。
そこでNZドル円を84.90円ロング→85.62円で利食い。
一応一勝。

エリオットの第二波で買い直す予定です。
まだ第一波が完了したのか途中なのか、そのあたりがわからないので指値をして静観しておきます。

112円台間近まで落ちるとは、なんとも凄まじい下落っプリでした。
祝。
2007-10-20 Sat
00:23
やったね、100連勝♪

怒涛の快進撃!!
FXなんてカンタン♪
楽して儲けなくっちゃね!

今年もあとわずか。
どこまで連勝つづくかな~。






























すいません。アサヒってみました。
なんだかe-bookのPR文みたいなノリですね。
情報商材ってこんな感じなのかな。

保持していたNZドルは建値撤退。
下降→上昇トレンドに乗っかるには、エリオットの第一波動を確認後がいいですね・・
一年前はそれでやってたんですけどね。
最近は底をすくい取る自信があったもので、逆張りに固執してしまってました。

G7後がどうなるか解らないので月曜の始値からを観察してから再度ロングを考えます。

それにしてもこの3ヶ月弱で60回近い損切り・失敗で、その数の勉強が出来たことは価値があることだと思います。
100回連続で損切りしても資金は残るように、と当初の計画では許容範囲にしていましたが、さすがにそこまでいったら辞めた方が良いよね~とか思ってました。
現実に十分ありうる数字ですね・・
でも辞めませんが!!

あと60回のうちにまぐれの一発もなかったのも、結果的に良かったと思っています。
そんなまぐれが当たっていたら、今後にひとつ穴を残すことになりますからね。

はるJPは永久に不死身です。
部分的に損切り。
2007-10-18 Thu
20:57
もう保持の限界。

部分的に損切りをして、ポジションを守ります。
ドル円の115円台は買いですから、ここで全カットするのもね・・

*教訓*
レンジではなく、上昇相場の買いは順張りで。

わかり辛い相場では逆張りは危険!
わかり易いかわかり辛いかは結果的にわかることなので。
あ~これまでの相場はわかり易かったな~、って感じですから。

本当に勉強になる失敗をたくさんありがとう!
でもたまにはまぐれの一発もくれたらうれしいな・・

そろそろ8月からの通算が5勝(薄利)60敗ほどにまで膨らんできたようで・・
実際はこっち。
2007-10-18 Thu
17:59
20071018175308.png


中国の週内利上げのウワサとか言われてますね。
G7での為替への言及を求める発言とかとも。

本当にこれで円買いになったのかどうかは解りませんが、私の理解の範疇を超えた値動きには間違いありません。
NZドル円はまだ想定内に収まっているのでOKですが、NZドル/USドル次第です。
ドルも過大評価されているとかいうコメントにより弱含んでいるので、クロス円は中立になっているということか。

とはいえドル円次第のクロス円。
今後が心配です。
01_60.png


教科書どおりならば、こんな感じかな?
過去のデータからも同様の値動きを予想しています。

117.20~117.50円のレンジに入れば、そのあとは上抜けか。
やっと底打ちか。
2007-10-17 Wed
21:43
まだ安心は出来ませんが、底打ちの感ありです。

明日の夕方まで117円前後をキープしていれば買い増しを考えます。
きっつい下げですね~。
2007-10-17 Wed
17:37
ドル円のボラティリティがまた上昇しましたね。

NZドルのロングポジは辛うじて保持してます。
ドル円の値動きがなんとか想定内に収まっているのでOK。
もう1波ありそうですが、安値の更新はないと思います。

ドル円は120円を越えるまでは上昇トレンド継続と考えます。
それ以降は継続して上昇するか、レンジに入るか、ではないでしょうか。
継続上昇となれば、いよいよドル円の超長期に亘った3角保ち合いの上値ブレイクとなるかと思います。
ドル円200円時代なんて本当に来るのでしょうか?
ぎゃあ。
2007-10-16 Tue
23:26
下がっとりますな。

とはいえ再下落の様相ではないので、ストップかけて放置ですな。

ドル円は力強く底を形成しつつあるように見えます。
正直先を読むのが難しいです。

良いサイトを見つけたのでリンクをはっておきます。
http://fx.qee.jp/3/7/
買えました~。
2007-10-16 Tue
18:54
NZドル円を87.15円で買えました~。

もう一段下があると思うので、ほどほどで決済します。
一段下がってからは上昇トレンドに戻ると思います。
怒涛の・・
2007-10-16 Tue
17:50
予想だにしない怒涛の下落。

今週中にもう一段下げがあると思います。
上昇トレンドだと思うので、買いのみで臨みます。

NZドルを87円近辺でロングしたいところですが・・
昨夜にヘタを打っても、とか書きましたが、いきなりです。

なんですか~、この下げは!!
とりあえず117.34円で損切りしておきました。
117.20円台で再度買い直しするか、その時点でのNZドル円を買うか、のどちらかにします。
下落率が高い方が妙味ありなのですが、ドル円は116.90円台もあり得るので、その際のNZドル円のレートが計算できない現状ではドル円が無難です。

損切りする必要も無かったんですが、客観的に計算したかったので被害軽微なら切っておくかと判断しました。
買いなおせばいいことですから。
買えなければ諦める・・・・この諦める、に抵抗があるから間違いをおこすのですよ。
利益を逃す恐れに打ち勝たないといけません。
損をしないことが最優先なのですから。
遅くなりましたが。
2007-10-15 Mon
21:42
相場をシンプルに考える。
上昇相場では買い、レンジでは買いと売り、下降相場では売り。

これで良いんじゃないでしょうか。
上昇相場でショートはシビアですよね。
逆にロングはヘタを打っても戻ってくる確率が高い。
あくまで確率ですが。

今の相場がどれに属するのかは自分で判断するしかないわけですが、これだと判断したらそれに従うのが良いのかと思います。
上昇相場でもショートをしたくなりますが、転換点と判断できるポイントまでは我慢するのが得策でしょう。

と、いうわけで、ドル円を金曜日に117.32円で買い直し、今日は117.58円で買い増しました。
上昇の一服感、もしくは転換点が現れたら決済、それかトレンドの終わりと否応無く判断せざるを得ないレートまで落ち込んだ場合は損切りとします。

なんだか肩の荷が下りた気分です。
やっぱり・・
2007-10-12 Fri
08:44
116円台までのもう一段下げの可能性もあるので撤退しました。

117.36円(ロング)→117.35円(損切り)

次の上げか下げの度合いでどうするか考えます。
負けないトレード法を思い出してきた、のだったら良いのかも。

ドル円 117.34円(ロング平均単価)→117.63円(利益確定)
ドル円 117.36円(ロング保有中)新規

昨夜のうちにポジションをクローズしておきました。
ドル円の過去のデータから落ちる可能性が高かったので。
高値更新で追い買いの逆指値をしておきましたが、朝に下で買えました。

売買機会を失う恐れと、含み益を失う恐れ。
それらに打ち勝ち、損失をださないことを優先する。
こういう初心もあったような気が・・
これです!これ!
2007-10-11 Thu
21:31
路上生活児からノーベル賞学者へ=カペッキ博士の波乱人生-米
10月11日17時1分配信 時事通信

 【シリコンバレー11日時事】ストリートチルドレンからノーベル賞学者へ-。ノーベル医学・生理学賞の受賞が8日に決まったばかりの米ユタ大のマリオ・カペッキ博士(70)=米国籍=の波瀾(はらん)万丈の経歴に全米の注目が集まっている。
 報道によると、博士はイタリア生まれ。第二次大戦中の3歳の時、詩人だった母親は、反ファシスト運動に参加したとして秘密警察に連行され、強制収容所へ送られた。母親は未婚で、マリオ少年は農家に預けられたものの、程なく農家の困窮した生活から脱出、4歳半で「路上に飛び出した」という。物ごいや盗みを働き、必死に生き抜いた。
 転機は9歳の時。栄養失調で運び込まれた病院に、終戦で収容所から生還した母親が迎えに現れた。母子は親族の招きで渡米。マリオ少年が生まれて初めて登校したのは米国に到着した翌日だった。
 名門ハーバード大で博士号を取得したカペッキ博士はその後、特定の遺伝子の機能を失わせた「ノックアウトマウス」を作ることに成功。病気の原因解明などに幅広く貢献する技術を確立し、今回の受賞につながった。
 博士と旧知の教授は米紙に、博士は実現困難と批判されても、「重要課題を追究する強靱(きょうじん)な意志を持っていた」と語った。「不可能なことは何もない」が博士の信条という。


記事はFXとは全く関係ないですが、不屈の精神、執念というものに感動します。
「不可能なことは何も無い」
諦めない精神。
これはFXにも関係すると思います。

諦めたら、そこで終わりです。
運と努力。
2007-10-11 Thu
15:44
「これほどの努力を、人は才と呼ぶ」

トレーダーの高田智也さんの言葉です。
これは幻冬舎社長、見城徹さんの
「これほどの努力を、人は運という」
をアレンジしたものだそうです。

努力にも才能が必要だとは常々思っていました。
運も味方につけるには、また、努力が必要なのです。

「運がないな~」と思っているうちは、努力が足らないのですね。

「ビギナーズラック」というものは確かにあります。
これは相場でいうならば、シンプルなトレード手法が功を奏すということだと思います。
初心忘れるべからず、といいますが、入り始めはなんでもシンプルに考えます。
「このときこうして、こうなったらこうする」
ところがそれが上手く行き始めると、
「このときこうするけど、これがこうならああして、あれがああなるだろうからこのときはこう。こうなったら・・・・・・・・」

慣れと増えた知識で相場をシンプルに考えられなくなってきます。
ビギナーズラックをずっと続けられるように、初心を忘れるべきではないのです。

私と同様の苦しみ方をしている人がいて、すごく共感します。

この方は株専門ですが、当初ブレイクアウトの追随のみの手法でした。その後手法を増やすことで上手く行かなくなりはじめ、さらに為替・金利・世界情勢等の知識を増やすことで対処し、結果泥沼に嵌ってしまったそうです。

知識が増えると売買機会が増やせる!
と、わくわくしてしまうものです。
でもトレードは極力シンプルな方が長く運が続くような気がします。
知識は多い方がいいです。
しかし、何を選択して、何を排除するか。
手法と心の欲とを削り落とす作業が必要です。

まだまだ努力が足らなかったな、私は。
頑張ります!
続々、試行錯誤。
2007-10-10 Wed
19:08
もう10年以上前ですけど、「三匹が斬る」という時代劇が好きでした。
タイトルに「続々」がついたり、よくやるな~と思ってました。
「あぶない刑事」も同様ですが。
閑話休題。

時間軸トレードはダメですね~。
参考にはなるけれど、それでトレードは無理なようです。
相場に翻弄されるだけ・・

結局「買いのカタチ」「売りのカタチ」を機械的に繰り返すのが、今のところのベストな方法なのかも。
大まかな相場予想と戦略を立てておいて、あとはその枠内で柔軟に対処する。
積極性が足らなかったのと、その場限りの戦略がいけなかったと思います。
戦略は数週間先までを考えておかないと、予想に反した動きで損切りした場合の対処が「とりあえずドテン」みたいにその先の対処が不明な売買をしてしまいます。
常に数通り、さらにその先の手まで考えておかなければ。

ちなみにドル円117.33円でロングしました。
ドル円のパターンから目先3通りの戦略を立ててみて、利食いで終われる確率が高そうなので。
とはいえいつも3通りは用意してるんですけどね。
4つ目のパターンでヤラレてるのがこれまでの私です。
変わりたい。
試行錯誤。
2007-10-09 Tue
21:24
時間軸トレードを完成させるために試行錯誤をしています。

何度「完璧!」と思ったことか。
その度に、「なんでそこで~!!」と煮え湯を飲まされたことか。

相場のサイクル、というかアノマリーをひたすら研究しています。
ドル円はそれがしっかりしている通貨ペアだと思うのですよね。

あとはユーロポンドなんかも成り立っていると思います。
ユーロドルは日足でアバウトに使えそう。
でもユーロドルは直近高値・安値越えトレードの方が有効かも。


ドル円は明日朝にかけて急落、昼下がりに大きく戻し、再び急落。
そんな青写真をあたまに描いています。
早くも。
2007-10-08 Mon
17:48
ドル円 117.15円(ショート)→117.25円(損切り)

また上のほうでショートします。
読みは当たっていると思うので。

明日朝3時前後が最高値になると考えています。
その頃狙ったカタチになれば、迷わずショートします。
今回の損切りは必要損。
ドル円をS。
2007-10-08 Mon
12:38
ドル円 117.15円(ショート保有中)新規

指値にHITしてました。
やはり、ショート。
2007-10-08 Mon
07:11
ドル円 116.94円(ロング)→117.14円(利益確定)

棚ボタの利食い。
とにかく手仕舞いたかったので本当にラッキー!
次も幸運を期待します。

今日の午前中にショート予定です。
この波に乗ることが出来れば、ようやく波乗りが開始となりそうです。
いや、そう願います。ホント。