FC2ブログ
2019 081234567891011121314151617181920212223242526272829302019 10
ユーロ/ドルはイマイチ上がりきらないですね。
日足でみると、25日線までほぼ調整済みなので、下落リスクは少ないとみているんですが、当たるも八卦、また当たらぬも・・

ドル/円は不気味です。
着々と売りを喰っていく。
IMMポジションを最近注目し始めたんですが、円ショートがそんなにたまっているわけでもなさそうで、このままジクジク上にスクイズってところでしょうか。

う~ん。
スポンサーサイト



こっちのシステムは・・
2006-12-12 Tue
19:39
nishiさん!コメントありがとうございます。
上下降トレンド発生時への対処は、損切り後に追随するか、あらかじめトレンドを予測してポジションを建てておくかどちらかです。
通常は前者を想定しますが、過去のデータからみると、上下降トレンド発生開始は必ず0ポイントから放たれるようです。
0ポイントを収束点とした3角保ちあいが現れたら、後者を使用することが可能かもしれません。
ただしトレンド開始を予測する計算式が何かしらあるような気もしますので、気長に探してみることにします。
数学者なら何か思いつくんじゃないかな。
誰か解いてくれませんか?


月・火の株式システムトレード結果

2362夢真ホールディングス 128円→139円(+9.2%)

もう監視銘柄がなくなりました。
今年はもう終わりかなぁ。


FXシステムトレードの方は進展なし。
まだ理論以上の事が思いつかない。
初めて買った、株の本
2006-12-05 Tue
18:58
nishiさん!コメントありがとうございます。
山本有花さんの本とはこれなんですが、



超初心者向けの株式投資本なので、あまり期待はしないで下さいね。
これは私が初めて買った株の本なのです。
ぶらりと本屋に立ち寄った2005年9月の半ば、何とはなしに経済誌を手にとってみたら、「ZAI」という雑誌が初心者向けで面白く感じられました。
これなら読めるなと思い、ついでに株の本も買っていこうと一番簡単そうなものを選びました。

この2冊が私を投資に誘ったわけです。

全くのど素人の私は、他にも5,6冊の本を読み、山本流スウィングトレードを解明しようとチャートとのにらめっこを数日間続けました。
上記の本には外枠は書いてありますが、肝心なところが書かれていません。
書かれていないところは自分で補うしかない、ひたすら過去のデータやシュミレーションを行い、2週間後くらいにはじめた運用ではすでに現在のシステムトレードを使用していました。

で、今日の株式システムトレード

2362夢真ホールディングス 139円→明日寄り成売

これは変則的な買いでした。
今回のはハズレですね。手数料分の利益ぐらい出てくれるといいのですが。
他の監視銘柄もいまいちで、もうめぼしいのがありません。
今週はもうトレードお仕舞いかもしれませんね。
株式システムトレード 
2006-11-28 Tue
18:04
Lumiminさん!コメントありがとうございます!
お褒め頂きありがたいのですが、FXに関してはここ2週間ばかりトレードも無く、段々アナリスト化してきています・・
講釈はたれますが実際に売買出来ていないので・・・
望む相場が来ない限りはトレードしません!
ストップ!損切り!(標語)


株式システムトレード

2759テレウェイブ  109000円→明日の寄り付き成売
8836ヒューネット      34円→同上
3778さくらインター 128000円→同上
2355シーフォーテクノ 67700円→同上

今日は日経が小幅安でしたが、網を張っていた銘柄がかかってきました。
すべて明日の寄り付き、成り行きで売ります。

夏頃爆騰を繰り返したさくらインターネットが3ヵ月後の今、株価3分の1。
懐かしいな・・デイトレをしていたあの頃が。

このシステムトレードは日経の上昇トレンド以外の期間は有効であると思います。
上昇トレンド中は素直に成長株を保有していたほうが楽だし利益も乗ります。

去年の今頃、投資をはじめたのが9月だったので、株歴2ヶ月でした。コツコツ頑張っていたのに世間では上昇相場で大騒ぎ。
完全に取り残されていました。
で、後乗りしても大丈夫なように準備を整えてから、さあ!
という時、あのライブドアショックに見舞われました。
しかし保有していたライブドアオートは強制捜査当日に売却済みで、夕方ニュースで映像を見て、胸をなでおろした思い出があります。

そして翌日の寄付きは思い通り安くはじまったので、CCIを買い。
中引け時には前日終値を越えてきて、しめしめ、とほくそ笑んでいました。
ところがその後にとんでもない、

マネックスショック!!!

世界同時株安を引き起こし、世間は一挙に恐慌状態に!

マネックスが!!

マネックスが!!

思い出しても腹立たしい、マネックスが!!(しつこい?)

これで破産した方は相当数いらっしゃるそうで、腹が立つなんてもので済まされないでしょう。
ライブドアショックなんて、ライブドア関連株を持ってない人にはなんの影響もなかったわけですから。

さて、私は株人生のなかで、2度だけ、逆指値を入れ忘れた事があります。
そのうちの一度が、このときです!!
お昼に注文を出すことは出来たのに、
「ま、いっか」
後場も強い展開を予想し、始値を下回ることはなかろうと思ったためです。
結果、それはそれは悲惨なことに・・・。

逆指値(ストップ)注文は絶対に入れておきましょう!!!


FXでシステムトレード、やりたいけれど、方法が思いつかない。
なんか良い方法ないかな~。
ランキング照会
2006/08/19 05:59 時点
はるNZ 様のランキング
資産+評価損益金 8,720,638 円
現在のランキングは... 189 位 / 27049 人中

ようやく100番台! 100位入賞まであとわずか!
つよいぞ!円! もう一踏ん張りだ! あくまで目指すは? アルファロメオ!


英ポンドは216.4円で決済注文をだしています。
そこは前々回の高値。上昇トレンド継続ならば、そこが底になると思われるからです。
もしかするとさらに下落する可能性もあるわけですが、ここは欲張らず利益確定をしておきます。
そのあとはNZドルか米ドルのショートを考えています。
タイミングが合わなければ英ポンドのロングにポジションを切り替えます。


あらためて英語の必要性を考えてみたんですが、
もし将来AFPの資格取得後、さらにCFPまで取ることが出来たら、
ニュージーランドに居を構えながら、こちらでファイナンシャルプランニングが出来るわけですよね。
なんだか夢のようなハナシ。できるかな~?む~ん、やりたいことだらけだ!


ブラジル、ロシア、インド、中国の株式を指して、BRICsと呼んでいます。
それぞれの頭文字をとって、アメリカのファンドがつけた名前だそうです。
このブログの「はじめに」で、このBRICsについてふれましたが、5月に暴落した後しっかり値を戻している事に驚きました。
現在、前回高値付近まで戻しており、今後ここを上抜けるのか、それとも売り崩れダブルトップで終わるのかが注目されます。
今年はじめの時点から、軒並み2倍まで指数を伸ばしてきているので、さすがにここからの上昇には耐えきれないと思うのですが、さあ果たして。
いずれにしろ、もはや買いにいける水準ではないので、あとは落ちてくるのを待つのみです。
外国株投資も結構面白いかも知れません。

インド株とBRICs情報サイト
http://indokeizai.com/